小唄連盟について

ご挨拶

会長 春竹利昭

小唄連盟のホームページをご覧いただきましてありがとうございます。
令和2年、世界は新型コロナ感染症拡大により、未曾有の災害に見舞われました。そして2年がたち、令和4年を迎えました。

伝統文化の世界にもようやく前向きな動きが見えて参りましたことは、まことに心づよい思いです。時代が移り変わる中でも、日本独自の文化として確立した伝統三味線音楽は、日本人として何としても残して行かねばならない文化の一つです。
小唄は江戸時代の庶民の生活から誕生し、根付き、そして現代へと継承されてきました。


このホームページは、小唄とはどんなものかを、分かりやすい資料でご覧頂けます。
これから始めてみようと思う方から、もうすでに始めている皆さんにも邦楽の窓口になると思います。

邦楽には歴史のある魅力的なジャンルがたくさんあります。是非いろいろなホームページも開いて見てください。

小唄の魅力はまず短いこと、いろいろな邦楽が凝縮していること、曲数が多いことです。このホームページから何か感じて頂けましたら幸いです。



Thank you for visiting the Kouta Federation website.

In 2020, the world suffered an unprecedented disaster due to the spread of COVID-19. And two whole years have passed, and we have celebrated the fourth year of Reiwa.

It's a truly reassuring feeling that I've finally seen positive movements in the world of traditional culture. Even as times change, traditional shamisen music established as a culture unique to Japan is one of the cultures that must be left as a Japanese.

Kouta was born from the lives of the common people in the Edo period, took root, and has been inherited to the present day.

On this website, you can see what kouta is like in easy-to-understand materials.
From those who want to start from now on, I think it will be a window for Japanese music for everyone who has already started.

There are many fascinating genres with history in Japanese music. Please open various websites and take a look.

The charm of Kouta is that it's short, that various Japanese music is condensed, and the number of songs is large. I would appreciate it if you could feel something from this website.

The charm of Kouta is that it's short, that various Japanese music is condensed, and the number of songs is large. I would appreciate it if you could feel something from this website.

団体の概要

目的

この法人は、伝統芸能である小唄の昂揚と発展を図り、以ってわが国の文化の進展に寄与することを目的としています。

事業

  1. 小唄に関する演奏会の開催
  2. 小唄の技能向上及び後進の育成指導
  3. 小唄の普及及び小唄に関する顕彰、助成
  4. 小唄に関する調査、研究
  5. 会報及び小唄に関する出版物の刊行
  6. その目的を達するために必要な事業

公益社団法人日本小唄連盟
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2-3-3
グランドメゾン日本橋堀留903号

公益社団法人日本小唄連盟 関西支部
公益社団法人日本小唄連盟 九州支部
公益社団法人日本小唄連盟 北海道支部

組織

理事は五十音順

会長 春竹利昭
副会長 蓼胡満佳
副会長 藤本 草
常任理事 蓼 胡茂
常任理事 松峰 照
理事 扇よし和
理事 蓼 史実
理事 田村てる
理事 長生松代
理事 ふじ松加奈子
理事(関西) 白扇夕樹夫
相談役 蓼 津留葉
相談役 常磐まさ米
相談役 本木千寿以
顧問 竹内道敬
顧問 山岡知博
監事 峰村好美佐
監事 竹越治夫

流派及び代表者

東京

加盟流派

葵 仁美
飯島 飯島 ひろ子
一条 一条 朋広
井筒 井筒 治幸滋
稲舟 稲舟 妙寿
井上 井上 つる一
伊吹 伊吹 清寿
扇 よし和
鳳 美翠
華兆 華兆 史乃
菊岡 菊岡 弘
菊地
佐々舟派 佐々舟 洋
吏美 吏美 いち絵
柴 よし
新水 新水 千豊
千紫 千紫 伊登恵
田家松派 田家松 小峰
竹村 竹村 てる花
田毎 田毎 てる三
蓼 胡満佳
田村 田村 てる
長生 長生 松代
土川 土川 きく
鶴村 鶴村 寿々豊
常磐 常磐 まさ米
永井 永井 ひろ
錦乃 錦乃 まい
花菱 花菱 は満朝
春竹 春竹 利昭
不二 不二 小みち
ふじ松派 ふじ松 加奈子
藤本 藤本 秀葉
堀 小よ寿々
松風 松風 英美都
松峰 松峰 照
峰村 峰村 好美佐
本木 本木 寿以
幸村
若宮 若宮 三千代
小唄 幸寿会
竹枝 竹枝会

お問い合わせ

下記ボタンからメールにてお問い合わせください。